67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 白内障のこと | main | 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) >>
兵庫県立ガンセンターへ入院
 

午前9時30分過ぎに病院の入院受付窓口で手続を済ませる。なんとこの日の入院患者が20名以上はいるではないか?(同級生?) ガン患者はこんなにも多くいるのか、驚きである。安心感と不安とが脳裏を交錯する。
掲示された食事の献立表を見ていると、かなり肉が多い。肉を食べない旨看護士さんに申しいれると、私だけ魚にしてもらえると言う。ありがたい。

この日行った検査は次の通り。
‖僚邸複僑Kg)・身長(163Cm)・採血・検尿

⊃甘顛・X線間接撮影(胸部・腹部)・CT(腹部・造影剤使用)
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/15
TRACKBACK