67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) | main | 癌について >>
今後の治療計画
 昨日から絶飲食のため空腹・点滴が続く。(抗生剤・ぶどう糖・その他)入院してからの検温で35.4度〜35.8度程度と低い。体温を上げる対策が必要だ!(36.5度以上を確保したいが上がらない)血圧も70〜120程度で安定してきた。(体温に影響している?)

主治医から今後の治療計画の説明があつた。
/事の再開は採血の結果を見て決める。(炎症反応がある)
∀休明けの9月24日午後に、検査結果と治療内容を説明する。
9月25日(金)から抗癌剤(点滴・約2時間)を開始する。以後は1回/週の頻度で投与するが、約2週間は副作用の影響を見る為入院が必要である。(連休は,解消されれば一時帰宅しても可)
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/17
TRACKBACK