67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 今後の治療計画 | main | 一時帰宅 >>
癌について
 

兵庫県では年間約14,000人が癌で死亡しており、増え続けているとのこと、余りの多さに驚きである。


中山武氏(いずみの会会長)の著「がんがゆっくり消えていく」抜粋

ヾ發「生活習慣病」であり、ストレスの軽減・食事療法・運動療法等に取り組めば消えてゆく。

癌は遺伝しない。(一時期原因が解らないので、西洋医学でそう考えられた。) 現在のところ発生原因は不明のままである。

4發六猊造任呂覆ぁK寨治せる病気である。

ず農菽宍蚕僂肋手先の技術ばかりであてにしない。

 
  神鋼病院での胸部X線検査で、左肺入り口付近が腫れており転移の恐れがある旨、指摘されており詳細を見るため、胸部のCT(造影剤)検査を受ける。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/18
TRACKBACK