67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< りんご狩り | main | 今迄の検査結果と治療計画 >>
再び入院
 

シルバー連休のため、一時帰宅していたが、今夕から再び入院する。
いよいよ抗癌剤治療が始まるが、はたして私に効き目があるのか?
奏功率17%台は、余りにも低いのではないか?副作用はどれ程のものなのか?不安が頭をよぎる。食事療法は自宅では、パーフェクトに近い状態で続けているが、病院ではかなわない。(肉は食べない、汁は飲まない、水道水は飲まない、市販品であるが野菜ジュース・ヨーグルトは食べる、エビオス錠を飲む等の出来る努力はしている。)

抗癌剤治療で効果が出ない場合として、「次にできる事」

ヾ訴薬(東洋医学)の世界を取り入れる。⇒「騙し」の印象が強い

∈膿薫緡典蚕僂慮‘(免疫細胞治療・粒子線治療)⇒効果の程が定かでないが考えられるが、今のところ余り気が進まない。でも検討はしておいた方がよいだろう。孫子の兵法「敵を知り己を知る」・先手必勝という言葉がある。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/21
TRACKBACK