67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 新須磨病院訪問(ガンマナイフ) | main | 2回目の抗癌剤投与 >>
天仙液(漢方薬)について
 抗癌剤治療が効かない場合、なすすべがないので残るは漢方の世界と思い、漢方薬での治療を目指した体験記を読み、「天仙液」の存在を知る。中国の医師の開発した癌治療用の漢方薬で、著者は他の治療との併用の中で、効果が大きいと力説している。日本では販売は許可されていないので、入手経路・価格・信用性等について娘に調べてもらうと全く怪しい事ばかりで、中国人も最近では採用していないとの事、仮に効果があるとしても、偽物を見極められない問題があり、やはりこれは断念せざるを得ないだろう。今治療中のゲムシタビン(商品名:ジェムザール)以外にも「TS−1」との併用・臨床試験中ではあるが「アブラキサン」という抗癌剤も新たに出てきているようで、当面は抗癌剤に期待し治療に専念しよう。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/27
TRACKBACK