67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 初めての腹部検診(順心病院にて) | main | I先生(神鋼加古川病院・外科)の診察 >>
T先生(順心病院・外科)の診察
 

外科医T先生の所見は、K先生と略同じ内容であつたが、肝臓の影は内出血の跡で、心配は要らないのではないかとの所見で、肝臓癌を心配していた私としては、少し安心できた。

治療法は胆嚢の摘出手術となるが、順心病院では対応出来ないので

他の病院を紹介して貰うことになり、近隣の神鋼加古川病院に予約を お願いして、午後に予約状・紹介状・撮影フイルムを受け取り行く。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/3
TRACKBACK