67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 新須磨病院へ(ガンマナイフ治療診察) | main | 3回目の抗癌剤投与・退院 >>
健康食品(サプリメント)の事
健康食品については、「効果が明確でない・副作用の恐れも否定できない・インチキ商品も多い」等の世界で何をどう摂取するかは自分で判断するしかないようだ。精神的な慰めにでもなればと東加古川にある薬局(キリン堂)に行ってみた。AHCCについて質問すると、自身が肝臓癌の治療経験を持つ女性店員が現れ、食事療法等について妻に詳しく説明してくれた。
済陽式と異なる部分(減塩はしない・ヨーグルトは疑問?・餅は厳禁)はあるが、食事療法の大切さを長々と説明してもらい、私の取り入れている食事療法に自身が持てた。「妻は人によって言うことが違う」といっているが、食事療法の基本は同じでも、個々に取り入れ方に違いがあるのであろう。
取り敢えず次ぎの2点を、現在行っている食事療法の補助食品として服用する事としたが、AHCCは在庫がなく、2瓶(2〜3ヶ月分)を注文した。
  ビタミンC  :()NVP(第3類医薬品)・8錠(2.7g/day
  イムノゴールド:製造元 アミノアップ化学

*更に無農薬・有機栽培品を求め、次の食品を購入・手配した。

”濃灰茵璽哀襯函淵献磧璽呼・プレーンタイプ)

▲泪魅ハニー(ニュージーランド産)

レモン(豊島産)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/30
TRACKBACK