67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 3回目の抗癌剤投与・退院 | main | 立杭焼陶器まつり(丹波篠山・今田町) >>
ガンマナイフ治療と健康食品の選択
かねてより予約していた新須磨病院でガンマナイフ治療を受ける。
点滴(麻酔)・枠付け・MRI・ガンマ線照射(22分〜24/箇所)の手順で正午過ぎに終わる。予想していたほどの苦痛はなく、1回のセッティングで治療出来たのは嬉しい。治療箇所は1箇所新たに見つかり、合計4箇所になったが約1.5時間の照射時間で短い方との事であった。(首が痛い)
この治療で約3ヶ月後には腫瘍が消えてなくなる(90%以上の治癒率)との事、現代医学の進歩には、只驚かされるばかりである。

健康食品について、イムノゴールドも入荷したので、当面次の食品を選択・採用し食事療法の補完を目指す事とした。

 

 <食品名>   </>    <使用目的

.┘咼ス錠   30錠      済陽医師推奨

▲咼織潺C    8錠(2.7g)  生ジュース補完

イムノゴールド  4錠      きのこ類補完

ぅ侫灰ぅ瀬鵝   。款      海草類補完

ゥΕ灰鵝併隋法  。浦      Sさん推奨

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/32
TRACKBACK