67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ゴルフのこと | main | ビタミンCの効用(水上治著:超高濃度ビタミンC点滴療法) >>
第2クール・3回目の抗癌剤投与
今日は第2クルー・3回目の抗癌剤投与を受けた。何時ものパターンで昼過ぎに治療を終えたが、やはり骨髄抑制の影響は大きいようだ。


<骨髄抑制の影響>
10/30     11/6 11/13  標準値

白血球     5300      3400     3500   50008500

赤血球      431       426       404    410 530

ヘモグロビン  13.6       13.3     12.6  13.617

血小板     47.1       27       10.2   1444

好中球     36.6       18.3     22.3


 
特に血小板の減少が謙虚で、赤血球・白血球の減少は問題ないようだ。


今回気になるので、血糖値(HbA1C)の値も検査して貰ったところ
7.6」とかなり上がっている。主治医の見解は点滴液にステロイドが入っており、これが影響するとの事であったが、最近糖分の取り過ぎが気になるので、少し控えたい。次は1週間の休養で月末にCT検査と第3クールの開始となる予定である。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/38
TRACKBACK