67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 第3クール3回目の抗がん剤投与 | main | 第4クール2回目の抗がん剤投与 >>
第4クール1回目の抗がん剤投与
昨日のCT検査の結果は、11月の映像と比較して「胆嚢癌は変化なし」「リンパ節は若干小さくなっているようだが変化なし」で抗がん剤の効果はあるとの所見で、継続する事になり、点滴を受けた。食事療法もぼっぼっ効いてくる頃ではと思うがどちらの効果なのか???
血圧についての主治医の所見は、最近では高血圧の基準値が引き下げられており、「110」は正常値との事、又今飲んでいる薬(降圧剤)は癌には全く影響ないとの事で安心した。


  「血液検査の結果は次の通り(12月24日)」
<骨髄抑制の影響>10/30   12/11 12/24  標準値
白血球      5300    3300    7900     50008500
赤血球      431      391       389       410 530
ヘモグロビン   13.6     12.8      12.7      13.617
血小板      47.1     11.5      32.4   1444
好中球      36.6     18.9      61.3
*1週間の休養で白血球・血小板は戻っているが、赤血球は戻らない。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/46
TRACKBACK