67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 頭部MRI検査 | main | 久しぶりのゴルフ >>
「がん」になったら私はこの代替医療を選択する(著:安藤由朗:読破)
著者は国立九州ガンセンターに勤務し、西洋医学の限界を嫌というほど知らされて、10年ほど前から代替医療に取り組んでいる。(現在医療法人安藤整形外科医院を継承)

著者の代替療法とは「安藤式四位一体療法
(4つの治療法の組み合わせ)」でそれは
  /事療法と波動還元水による水療法
  ▲┘優泪轡螢鵐犬砲茲訐腸・浣腸(腸のメンテナンス)
  フコイダン療法
  ぅ錺チン療法(丸山ワクチン)


個々の治療法について具体的な説明が乏しいので、参考にしかならないが
食事療法は済陽式と酷似しており、これがベースになっているとの事。水の重要性が提唱されているが、波動還元水が良く解らない。(水道水は絶対不可
フコイダンは沖縄産の「もずく」がベストで、トンガ王国産も良いとの事。
*理論的に4つの組み合わせが良く解らないし、具体的な処方箋がなおので実践は不可能と思われる。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/51
TRACKBACK