67歳で胆嚢癌が発覚した父の闘病メモを、長女がブログに記録しています。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< CT検査と第7クールの開始 | main | 第7クール3回目の抗がん剤投与 >>
第7クール2回目の抗がん剤投与
採血検査の結果、骨髄抑制の影響が白血球(2,500)に強く現れているが、点滴可能な範囲であり治療を受ける。次第に骨髄抑制の影響が強く出てくるように思える。


高砂のおばさんの事(すい臓がん)
心配していたが今日、主人に会って様子が聞けた。入院して放射線治療を15回受けた結果、痛みが取れて癌も小さくなったとの事、今日から抗がん剤を「ゼェムザール」から「TS-1」に変えるトライを始めると言っていた。
膵臓癌に放射線をあてる治療法もあるのは知らなかったが、色々と選択肢があるようだ。内蔵でも転移していなければ放射線治療も可能なのかも?

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://nobu825.jugem.jp/trackback/62
TRACKBACK